ディメポ プロキシ。

今回は新弾のVRであるダイライナーを使った構築を紹介出来たらと思います。

 

G3

グレートダイユーシャ×4

ダイライナー×4

シルバード×3

ダイザウルス×2

G2

ダイドラゴン×4

ラクルキューティー×4

G1

ダイマリナー×4

ダイブレイブ×4

キルト×4

G0

星6

引6

治4

FV

f:id:mobongo:20190604205422j:image

 

採用理由

グレートダイユーシャ

…最強のパワカこのカードが無かったらディメポは組まないレベルです。文句なしの4投。

ダイライナー

…G3サーチしながらダイユーシャを探しにいきます。ギフトⅠ込みで43k作れるので、ダイドラゴンやダイブレイブであっさり到達出来るのは強い。しかも起動なのも良し!

シルバード

…G3サーチ先として優秀なアタッカー。ギフト無しだが、R効果が破格過ぎて3投。

ダイザウルス

…ドライブを増やしながら山のグレートダイユーシャを掘るのがメイン。オマケパンプで条件達成を狙いに行くことも出来ます。一試合で何度も打ちたいスキルではないので2枚。

ダイドラゴン

…ほぼほぼ無条件で20kになれて、グレートダイユーシャの条件補助に使える。4投。

ラクルキューティー

…あわよくば1ドロー狙えるパワカ。ぶっちゃけRに投げる優先度は高く無いのでバニラでも良さそう。

ダイマリナー

…ダイランナーのアタックを守護者切られるのが面白くないので採用。

ダイブレイブ

…メインは上のパンプ。ダイドラゴンがG2の枚数的にRに出づらいので4投。下の効果はVヒット時であまり発動しないため、オマケ効果だと思ってます。

キルト

…グレートからグレートに乗り直す時の1万振る要員。フォースⅠ込みで33kを43kに変えて条件達成のサポートをします。パンプ要員としてはダイザウルスのが優秀。

 

トリガーは664。星が勝手に上がるカードが多い事や、デッキの安定感を上げるため。

 

 

感想

初動はゆっくりゲームが進みますが、グレートダイユーシャが絡むと毎ターン高数値4パン出来るので強いです。ドライブが減らない事やサーチが優秀なためゲームが進むほどハンドに余裕が生まれます。ド派手な効果なのでめちゃくちゃ楽しいですよ!

 

 

 

かげろう 構築更新。

グレート軸

G3

グレート×4

オバロ×4

G2

バーサーク×4

ネオフレイム×4

フルアーマード×4

ディルモンド×2

G1

エルモ×4

サーベル×4

レアス×3

星6

引6

治4

FV

 

f:id:mobongo:20190519080015j:image

解説。

回せば回す程、滝がノイズに感じたのでグレートに寄せました。

環境が早すぎる事からオバロ→グレートを無理やり乗りに行くバスターを4投。

ディルモンドは自由枠です。(バーンアウトが丸そう)

G1のレアスについては過去のブログにあります。

トリガーはパーツ確保の為664にしてます。ネオフレイムが序盤来ないことや、守護者に頼る事が多く捨てるハンドが欲しい事、後はグレートを乗り直したい事が理由です。

 

余談。

ジエンド軸をあげたかったのですがまだまだ納得のいくリストが出来ませんでした。

テキストは強いんだけどなぁ…。

 

レアス強さを語る。

レアスの話をすると大半の人が「レアスってどんなカード??」と首をかしげる

下の画像を見せるのだがこのカードがPRカードである事すら知らない人だっているのだ。

f:id:mobongo:20190515140646j:image

「こんなに可愛くて器用なカードを知らないなんて勿体ない!」

ということでこのカードについて書いていこうと思う。

 

 

 

目次

①いつのカードなのか。

②効果について

③このカードの強み

 

 

 

①いつのカードなのか。

 

スペシャルファイトパックvol1に収録されていました。他のカードで言えば「とるて」や「キングオブソード」などパワーカードが多く封入されている。この2カードが優秀だっただけに印象が薄かった。同じくかげろうからサザーランドが収録されてはいますがかなり使い勝手が悪い。

 

②効果について。

登場時、他のリアガードに3k降る。サザーランドなら5k。

リアガードに3k振るので足りないパワーラインを上げる事が出来る。

サザーランドがもしいたとするならば28kラインを作る事が出来る。現実味は薄いですが…。

 

③このカードの強み

 

ざっくり分けると2つの強みがある。

1つ目は「パワーラインの調整」

2つ目は「ダメトリケアのライン作り」

の2点。

 

「パワーラインの調整」は3kで要求が変わるラインに降って5k要求を増やす事。

具体的には

「G2 10kを13kにかえ、G3に5k要求をとる。」

「G1 8kを11kにかえ、G2に5要求をとる。」

になる。

ヴァンガード は手札を枯らすゲームなので5要求違うだけでもだいぶ違う。

またアタッカーが居なくてもその場凌ぎのラインが組めるのも強み。(8k+8k+3k=19k)

 

「ダメトリケアのライン作り」は主にG2での2.3パンで使う。

G2+レアスで21kラインを作る。

これはエルモで作れるラインなので強みが分かると思う。

後はネオフレイムに振ってダメトリをケアしたり。ダメトリ1枚で止まらない5パンが出来るって考えたら恐ろしい。

 

まとめ

かげろうのG1の3枠目は選択肢が多く何をとっても強い動きが出来る。特にレアスは盤面を強くする動きが得意です。序盤の動きの弱さが気になる場合は入れてみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

ヴァンガ祭後日談。

ヴァンガ祭は2日目に遊びに行きました。

沢山の人とファイトがしたかったこともあり、

開場からずっと8人制トーナメントに潜っていました。

 

使用クラン

かげろう、ぬばたま

 

選択理由はかげろうが好きだから!なのは勿論のこと、なるべく勝って色んな人とファイトしたかったのもあります。ぬばたまも用意していたものの練度の低さやアクセルに当たることが多く何回かで使うのを辞めてしまいました…。

 

対戦クラン

かげろう(ジ・エンド)

かげろう(グレート)

かげろう(滝アクス)

バミューダ (ハイランダー)

バミューダ (旋律)

ロイパラ(ブラスター)

なるかみ(デトニクス)

むらくも(ザンバク)

リンク(根絶者)

リンク(ブラント)

リンク(メサイア)

ノヴァ(ヒーロー)

ノヴァ(獣神)

ゴルパラ(エイゼル)

 

などなど、先行販売のカードや様々なクランと対面できて楽しかったですね。

特にブラスター対面でぬばたまを使ったのですが先3メサイアニックから6点!!にはただただ圧巻でした。有効ヒールがあったものの粘り負け。素直に悔しかったですね。

またメサイアやノヴァ(ヒーロー)などの動きを見る事が出来たので勉強になりました!どちらも個性があって魅力的ですね。

因みに一日中張り付きながらトーナメントに張り付いて光るFVは3枚でした。2回戦負けが多かったので勝率はそこそこだったと思いたい…。

 

現地では光るFVが貰えないなど色々問題があると聞いていましたが8人制においてはスムーズな誘導で何一つ文句なしでした。是非来年も行きたいですね!モチベ爆上がりです。

 

 

かげろう メインV使用感(スタンダード)

かげろう組むにあたってメインVになれるカードをざっくり紹介。

f:id:mobongo:20190508130205p:image

①ドラゴニック・ウォーターフォウル

Q4から救世の光 破滅の理まで最前線にいた誰もが認めるメインV。

・強い面

星付き守護者制限でどんな対面でも高数値を切らせる事ができ、プロテクトクランにも強く出れたりも。

2貫要求値は初回から25k,45k,55k…といった感じに増えていきます。(V振りフォース) 45kはまだしも55k,65kになると4枚以上切らされる事がほとんど。

 

・弱い点

乗り直さないとバニラ化。(例外、オバロ→グレート→滝)

初回で乗るとノーコス条件付き1焼き。

 

f:id:mobongo:20190508130211p:image

②ドラゴニック・ヌーベルバーグ

相剋のPSYクオリアの追加V。

・強い点

15kである。

全退却、トリガー無効持ち。

 

・弱い点

ドライブ−1

自身にしか乗り直せない。

効果条件が厳しい。

ライドが安定しない。


f:id:mobongo:20190508130154p:image

③ドラゴニック・オーバーロード・グレート

救世の光 破滅の理で追加されたV。

・強い点

cb1で高数値の連パン。

ネオフレイムのスペコ。

2貫要求値(VRRの順にフォースを振るとする)はネオフレイムの数で変わり、1枚の時の初撃は30k。二撃目の完全は30k〜。となり、Vに星を乗せるだけで60k以上の数値を切らせる事が出来ます。(守護者の例外はある)

 

・弱い点

ネオフレイムが居ないと単騎Vスタ。

Rだとバニラ13k。(ネオフレイムが居ると数値が伸びる。)

 


f:id:mobongo:20190508130159p:image

④ドラゴニック・ブレードマスター

RRRにしてそこそこのスペックを得たメインV。

・強い点

条件こそあれどR全退却と擬似4ドライブは魅力的。

トークンを出すことで展開が出来るため手札からアタッカーを出さなくても良い。

 

・弱い点

焼き特化より要求が低め、フォース1込み28kの最低ラインは作れるが…。

手札公開情報が多い。(ドライブチェックで見えてしまう)

乗り直しVであること。(滝の同じ)

 

f:id:mobongo:20190515130508p:image

⑤ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド

heroic evolution にて追加されたメインV。

・強い点

期待を裏切らないテキストで3回起き上がります。フォース1込み2貫要求、25k.35k.35k。

初乗りでも最低限のVスタをしてくれる。

 

・弱い点

コストにソウルを要求される点。

(コストを使うため主にバスターを使いにくい。)

手札のガード数値が低くなりがち。

 

 

メインVはこんな感じでしょうか。

どのカードもデッキの軸になり得るスペックを持ってます。環境によって使い分けされそうです。特にブレマスは環境次第で活躍の可能性がありそうです。

 

 

 

 

かげろう 破滅の理環境。

とうとう明日がヴァンガ祭ですね。

ジ・エンドが構築に入ってくる前に私がしっくりきていたレシピをメモしたいと思います。

 

G3

オバロ×3

グレート×3

フォウル×3

G2

バーサーク×4

ネオフレイム×4

フルアーマード×2

ディルモンド×2

G1

エルモ×4

サーベル×4

レアス×4

G0

星8

引4

治4

FV

f:id:mobongo:20190503213346j:image

 

採用・枚数理由

グレート…4枚も考えましたがオバロをなるべく減らしたくない点や滝のケアを押し付けたかった為に枠を作る事が出来ませんでした。入れるなら滝枠です。

 

フルアーマード…カウンターが無くても焼ける点やオマケのサーチも勿論優秀です。またこのカードはG2ライド時のRで8kブースト込み21kを作れ、エルモがいなくともダメトリケアが出来るのが優秀でした。

 

ディルモンド…甘えた展開を焼き野原に出来ます。特にバミューダソナタやキャロが絡む列を焼けるとゲームが楽になります。先行押し付け以外にも勝ち筋を作ってくれるカードです。

 

レアス…基本的にはネオフレイムに振って23kを作りダメトリケアをしていきます。それに加えてG3に触れる13kを作ったり、ダメトリケアの21kラインを作る時も使うので腐る事が無い便利枠です。

 

まとめ

グレートが強いものの噛み合いの部分が強く、

安定したデッキとは言えない感じでした。

ただ以前のオバロ滝に比べてプレイの幅が広い為純粋に楽しく、読まれにくい良いデッキになったと思います。

 

追記、5月3日。

レシピ枚数一部変更しました。

オバロ→滝、ブルジュ→レアス

採用枚数・理由を変更しました。

 

 

ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンドと他4種

新弾かげろうのメインVRが公開されましたね。

今回はVR公開が早くて助かります!

これからもこのペースだと嬉しいですね笑

ではでは、早速見ていきたいと思います(^ ^)

]f:id:mobongo:20190427111120p:image

G3ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド

テキストを一度では理解出来なく3度見しました。Vスタ2回するんですね。弱い訳がない!

条件がドライブチェック後の手札が4枚なので達成にはさほど苦労しないと思います。ただ返しのターンの貧弱さは気になるところです。

上記はV3パンの話でしたが、上の効果を使うとハンド捨てずにVスタ出来ます。つまり順当ライドでカードを追加効果で引かない場合にVスタしながらハンドを増やす事が出来るんです。

これはかなり強力な効果で、バーサーク乗れないとリソースが稼げないかげろうにとって良いカードを貰えたと思います。23Vスタなのでダメトリで貧弱になってしまうのが難点ですね。

 

f:id:mobongo:20190427111234p:image

G2 ワイバーンストライク デカット

ジ・エンドのお供です。自身がソウルに入るとジ・エンドにガード2枚制限を付与します。

V振りフォースであろうジ・エンドに付与出来れば2貫33kラインを超えるのは余裕なので相性が良いですね。毎ターン3枚以上手札を削らせる事が可能です。

デメリットとしては

①素のPowerが9kである事

②付与対象がジ・エンドのみなので使用タイミングが限られる事

1つ目はライドし辛さゆえ大きな痛手になり得ます。

2つ目に関しては使用タイミングが限られるものの、ガイアースと違い手札で腐りやすいアタッカー枠である事や起動効果なためG2時のRアタッカーとして充分です。

 

f:id:mobongo:20190427111246p:image

G3 シャインバルディッシュ・ドラゴン

sb1で7枚見てブレマスサーチ。5kパンプです。

ブレマスを軸で組むなら入れたくなるカードです。サーチ効果は対象が4枚なためいたらラッキー程度ですが、5kパンプが強く2貫の質を上げる事が出来ます。またRでも使える為アタッカーとしてもそこそこ活躍してくれそうですね。

 

f:id:mobongo:20190427111303p:image

G3 エグザイル・ドラゴン

ターン1でcb1sb1で1枚選択焼き。

Vアタック終了時、同じ列に相手のRがいないなら手札に戻る。

2枚めの起動焼きの選択肢、相手依存でないノーコスト手札バウンズ。代用が効かない効果持ちです。

 

f:id:mobongo:20190427111316p:image

G2 ドラゴンナイト ムフタール

ターン1  cb2sb1で選択2焼き、5kパンプ。

ディルモンド上位互換です。

コストが重くなったものの使いやすい多面焼きなので使いやすさが段違いですね。

ディルモンドは焼きコントロール向けのカードでしたが、このカードはネハーレンのように焼きパンプ持ちなので前よりのゲームを期待出来ます。ウォーターフォウルとの相性が良さそうですね。新弾の中で一番期待しているカードです!

 

まとめ

ジ・エンドはかなり魅力的なフィニッシャーです。ハンド条件があるため場に投げて強いカードを採用するのが良さそうです。

ムフタールは結構強めで、ディルモンドとの使い分け出来そうです。

 

最後に私の考えたリストを上げようと思います。

G3

ジ・エンド×4

オバロ×4

G2

バーサーク×4

メルトストリーム×4

デカット×3

ディルモンド×2

G1

エルモ×4

サーベル×4

バー×4

G0

星8

引4

治4

FV

序盤からガンガン盤面を並べて殴ります。

V振りフォースなのでRで要求を出しやすいメルトストリームが良いと思いました。

ソウルがカツカツな編成なので要調整です。